All posts >  Entertainment >  

松村厚久が故郷・高知「よさこい祭り」に参加する理由。

20px

皆さん、今年も私の愛すべき故郷・高知県で開催される「第65回よさこい祭り」(2018年8月9日~12日)に、チーム名称を新たに「DDよさこいチーム」として参加いたします。

初出場のテーマは「ハイブリットよさこい」、2回目は「よさこいパーティーモンスター」、3回目は「よさこいギャラクシーパレード」、4回目は「NEO伝統パーティー」。

そして、5回目の出場となる今年のテーマは「よさこいLOVEパレード」、サブテーマには「Over the rainbow」を掲げました。

多様性の象徴であるレインボー、虹色のように煌めく個性的なアーティスト達と共に「高知LOVE」の大きなアーチを掛けます。

20px

20px

「DDよさこいチーム」を支える強力なクリエイター陣

20px


美術監修:増田セバスチャン
2017 年度⽂化庁⽂化交流使。世界でKAWAII カルチャーを発信するアーティスト・アートディレクター。

20px


音楽制作:RAM RIDER
プロデューサーとしての活動や⾃⾝のリリースやDJ と並⾏し映画等への楽曲提供を⾏う。

20px


振付・ダンサー:TEMPURA KIDZ
強烈な個性を武器に世界を⾶び回る新世代ダンスボーカルユニット。
※踊り子参加日:8/10・8/11

20px


よさこい振付アレンジ:中村 信幸
新スタイルの「和」の踊りを産み出し続ける振付師。よさこい祭り等で何度も受賞。

20px


応援隊・サブボーカル:Sugartrap
NANA&HINA の⼆⼈組 ROCK 系アイドル。

20px

衣装イメージ

衣装:masato
現在、アーティストの⾐装にまつわる全てに関わるスタイリスト兼デザイナーとして活躍中。

20px

今年の楽曲は、昨年までのEDMベースから近年ブームの昭和歌謡曲、1980年代バブル期のヒットポップスのテイストも盛り込んだ構成。

ダンスは相変わらず難易度が高く、ハイレベルなダンスの練習を始業時間前に行い、通常業務をこなしながら、短期間で習得する踊り子の女性社員達には、本当に頭が下がります。

「よさこい祭り」期間中の高知は、まさに灼熱地獄。練習、本番と、踊り子達はコンディション調整に十分留意してください。

皆さんも、踊り子達へのフォロー、応援をよろしくお願いいたします。

20px

20px

僕らの役目は、「よさこい祭り」に参加することだけではなく、「よさこい」を日本中、否、世界中に広めることです。

高知の方々からは、DDグループの高知県内への出店を切願されます。しかし、出店することは容易ですが、それが要因で不振に陥る店舗や、閉店・廃業に追い込まれる店舗・企業が発生する可能性もあります。

それは、全く本意ではない。だから、絶対に高知に店は出さない。その代わりに「よさこい」を広める

それが、愛する高知への恩返し、地域貢献だと改めて胸に刻み、今年も「よさこい祭り」に臨みたいと思います。

20px

株式会社DDホールディングス
代表取締役社長 グループCEO

松村 厚久

20px

〈関連記事〉

『本気だから感動する』故郷・高知「よさこい祭り」を終えて、松村厚久が“今一番伝えたい”こと。
〈ドキュメンタリー〉はじめてのよさこい【第1回】
● 〈ドキュメンタリー〉はじめてのよさこい【第2回】

 

〈こちらも合わせてどうぞ〉

話題の“華の93年組”を追いかけてみた。〜Part.1〜
大好きなハワイ。そして、念願のウェディング プランナーになった今。