All posts >  Entertainment >  

『本気だから感動する』— 故郷・高知「よさこい祭り」を終えて、松村厚久が“今一番伝えたい”こと。

松村 厚久(Atsuhisa Matsumura)
株式会社DDホールディングス
代表取締役社長 グループCEO

20px

なぜ故郷・高知の「よさこい祭り」に参加するのか。

過日のインタビュー(記事はこちら)で代表の松村厚久は、こう語っていた。

『僕らの役目は、よさこい祭りに参加することだけではなく、よさこい祭りを日本中、否、世界中に広めることです』

高知LOVE、愛する高知への恩返し、地域貢献だと改めて胸に刻み、今年も8月9日から12日に開催された高知「よさこい祭り」に臨んだ。

20px

DDグループ社員&TEMPURAKIDZの東京組と一般公募した高知組で構成された総勢100名のDDよさこいチーム

20px

DDグループからはDDホールディングスダイヤモンドダイニングゴールデンマジックバグースCHEER商業藝術から女性社員24名が踊り子として参加。

5回目の出場となった今年、DDよさこいチームは2度目の「金賞」受賞を果たした。

20px

DDよさこいチーム 第65回高知よさこい祭りにて「金賞」受賞

20px

DDよさこいチーム 高知「よさこい祭り」受賞歴

・2014年 審査員特別賞受賞「ハイブリッドよさこい」
・2015年 金賞受賞「よさこいパーティーモンスター」
・2016年 地区競演場連合会奨励賞受賞「よさこいギャラクシィパレード」
・2017年 銀賞受賞「 NEO伝統パーティー」

※ 本年度より「DDよさこいチーム」にチーム名を改め参加(2017年までのチーム名は「ダイヤモンドダイニングよさこいチーム」)

DDよさこいチーム公式SNS
・ 公式サイト2018:https://www.dd-holdings.com/event/dd_yosakoi_team/

・ Facebook : @yosakoi.DD
・ twitter : @yosakoi_dd
・ Instagram : @dd_yosakoi_team

20px

“熱狂”した高知よさこい祭りの興奮冷めやらぬ中、松村代表の所感を伺った。

20px


20px
 

“高知LOVE”の想いが伝わった

20px

—— DDよさこいチームは見事に「金賞」を受賞しましたが、率直な感想はいかがでしょうか?

もちろん、嬉しいですよ。でも賞を取るためだけに参加したわけではない。よさこい祭りを通じて我々の活動を見て欲しい。“高知LOVE”を掲げていましたので、その想いが伝わることが大切です。

—— 今年のコンセプトは“よさこいLOVEパレード”でしたが、コンセプト通りに表現できましたか?

はい、できましたね。本当に暑い夏の4日間でしたが、踊り子や裏方を含めたチームが具現化してくれました。すごいですよ。

20px

20px

—— 今年は5回目。今までは“外様的”、まさにインベーダーのような見られ方だったと思いますが、高知との一体感は感じましたか?

5回目の参加でようやく『受け入れられた』とスタッフ達は口を揃えて言っていますね。僕も同感です。

—— どのようなところで感じましたか?

まず、メディアの対応に如実に感じられました。今までもたくさん取り上げていただきましたが、“キワモノ”とまでは言いませんが、例えるなら『“ロックミュージシャン”それも“ハードロッカー”が“ブルース”を奏でられるの?』のような見られ方でしょうか(笑)。今回は新聞各紙はもちろん、NHKでもトップで取り上げられていました。

—— 松村代表ご自身がよさこい祭り期間中以外でも、“高知LOVE”を様々な場面で発信し続けたことも影響しているのでは?

影響はあったと思います。“高知LOVE”を謳い続けることで我々の「本気度」が伝わったのでしょうね。期間中以外でも“高知LOVE” Tシャツをかなりの頻度で着て、自社の宣伝ではなく愛する「高知」と「よさこい祭り」の宣伝に務めました。帯屋町アーケードには“高知LOVE ! DD松村厚久”と書いたフラッグも掲げました。

20px

アーケード演舞場で最長となる帯屋町演舞場に掲げられた“高知LOVE ! DD松村厚久”のフラッグ

20px 

帯屋町演舞場では550メートルの距離をひたすら踊り続ける。踊り子にとって最も過酷な会場といわれるが、両脇の観客との距離が近く最高潮の盛り上がりをみせる演舞場のひとつ

20px

高知よさこい祭りの“熱狂”と“感動”を伝播させたい20px

20px

—— ネクシィーズの近藤代表も高知で度々パッションリーダーズの会合を開催されております。高知と東京の経営者との距離も近くなっているように感じますが。

それは間違いないですね。近藤代表は本当に、東京と高知の経営者の架け橋を担ってくださって感謝の極みです。

—— 今年は何名のゲスト(DDHDのよさこいご招待者)をお招きしたのですか?

例年と同じく約50名のお客様をお招きしました。

—— ゲストの方々の評判はいかがでしたか?

皆さん大変お忙しい方たちばかり。また、お盆の時期ということもあってスケジュール調整も大変です。それでも『共に感動を享受したい』と喜んで参加していただいております。「金賞」受賞も我がことのように喜んでくださって、素敵な方々ばかりです。

20px

踊り子たちへ熱い声援を送り続けてくださるゲストの方々。地方車(じかたしゃ)に乗ってよさこい祭りを体感 

20px

“本気”で臨むから感動する

20px

—— 今年はゼットンの鈴木伸典社長も初参加。『感動した』とおっしゃっていました。

 やはり「本気」だから感動するんですよ。高校野球の甲子園と一緒です。負けたチームは泣きながらグラウンドの土を拾い集めるじゃないですか。「本気」だからですよね。
20px

踊り子たちは本祭(8/10・11)の2日間、昼間から夜まで高知市内各所の競演場と演舞場を全力で踊り舞う

20px

DDよさこいチーム公式SNS

・ 公式サイト2018:https://www.dd-holdings.com/event/dd_yosakoi_team/
・ Facebook : @yosakoi.DD
・ twitter : @yosakoi_dd
・ Instagram : @dd_yosakoi_team

20px

—— 今回の5回目は折り返し中間地点?それともラストスパートですか?

そればかりは分からないですね。僕は踊り子リーダーの及川(ダンマス)がやりたいと言っている間はやりたいと思います。そろそろ引退したいということであればどうしようか考えます。

20px

株式会社DDホールディングス  及川文香さん(中央)。グループ会社社長の結婚披露宴の際、余興で披露したダンスに本気で取り組んでいた姿に感心した松村代表が踊り子リーダーに抜擢

20px

—— ライバルチームも斬新な踊りを取り入れたり、地方車にも凝ったりしていました。DDよさこいチームが他チームの本気に火をつけて盛り上げているという手応えはありますか?

ありますね。俳優の和田正人さんがNHKの番組でインタビュアーに答えていた際、『優勝はどこのチームだったかではなくてDDよさこいチームはどうだったかと、多くの方々がDDよさこいチームの結果を聞きたがっていた』と伝えてくれました。DDよさこいチームがどんな評価をされているか、感心は年々高まっていますね。観覧していた南海キャンディーズの山ちゃんも後日出演したラジオ番組で相当褒めていました。『DDよさこいチーム、すごかった』と。20px

—— 衣装もすごくよかったですよね。よりレベルアップしている感じがしました。

尖っているけどいい意味で力が抜けているような。その辺りで評価が高かったのかなと思います。

20px

例年とは違うテイストのデザインを取り入れた衣装は周囲から好評を博した

20px

DDよさこいチームは「誇り」

20px

—— 踊り子・サポートスタッフへ向けて一言お願いします。

皆さん、お疲れ様です。そして、ありがとうございました。皆さんのおかげでDDよさこいチーム、二度目の「金賞」を受賞することができました。全て皆さんのご支援のおかげです。

そして、及川を中心としたDDよさこいチームの踊り子たち。本当に夏の暑い中、異常な気象の中、けが人を出すこともなく、「金賞」を受賞した彼女たちは本当に素晴らしいと思います。とても誇りに思っています。

そして、大変お忙しいなか東京から高知まで応援しに来てくださった取引会社の皆さま、諸先輩方、仲間たち。どうもありがとうございました。「金賞」を受賞することができました。

また一年間さらに認められるように頑張りたいと思います。

“高知LOVE”です。

 

「熱狂宣言」 松村厚久

20px

20px

▶︎第65回高知「よさこい祭り」金賞受賞 !! DDよさこいチーム公式動画『よさこいLOVEパレード』 

40px
 
20px

〈関連記事〉

松村厚久が故郷・高知「よさこい祭り」に参加する理由。
● 〈ドキュメンタリー〉はじめてのよさこい【第1回】
● 〈ドキュメンタリー〉はじめてのよさこい【第2回】