All posts >  Wedding >  

「山手十番館」異国文化を受け入れてきた横浜のように、多様化するニーズに応えていく。【Wedding Planner -vol.2-】

20px

一生に一度の大切なライフイベントの実現を陰で支えるウェディング プランナーという仕事。憧れの職業として人気を集めていながらも、そこで活躍する人々は意外と知られていないかもしれません。

普段は表舞台には立たないが、人を惹き付ける魅力的なオーラを放つウェディング プランナーたち。

ブライダルビジネスを展開しているDDグループにも、ウェディング プランナーの皆さんが活躍しています。そんな皆さんを順次紹介していきたいと思います。

二人目は「山手十番館」の樋口 彩夏さん。新卒入社5年目を迎え、後輩の育成にも力を入れつつウェディングプランナーとして目覚ましい活躍をしている樋口さんにインタビュー。入社2年目に訪れたスランプのエピソード、「山手十番館」の魅力、プランナーとして携わる楽しさや喜びなど、お話いただきました。

20px

Wedding Planner 〈vol.2〉
樋口 彩夏(Ayaka Higuchi)
山手十番館
株式会社ゼットン 

20px

“ゼットンを選んだ理由”

20px

就職活動中、ウェディング業界に興味を持ちました。人生で主役になれる華やかな瞬間に、間近で立ち会えるウェディングプランナーという仕事に魅かれて、私も携われたらいいなと思うようになり、ウエディング事業を行っているゼットンの会社説明会に参加しました。

その頃のゼットンの企業理念は「店づくりは街づくり、店づくりは人づくり」。街にお店がつくられるという当然の考えはありましたが、お店が街をつくるというのはどういうことなのか、この言葉の意味が知りたくてさらに会社に興味を持ち、エントリーしました。

20px

 “異国情緒あふれる横浜・山手のレストランウェディング”

20px

「山手十番館」は、築51年の歴史ある建造物です。いわゆる結婚式場としてつくられた建物ではありませんが、ある意味、普遍的な価値を感じていただける会場です。アンティークな洋館と緑豊かな庭園で1日1組限定完全貸切のガーデンウェディングが行えます。

通常時は1階がカフェ、2階がレストランとして営業していますが、ウェディングの際は1階が待合室、2階がバンケット(披露宴会場)となります。バンケットは新郎新婦様含め着席で36名様まで可能。ご家族中心の少人数ウェディングが主になります。別館にはゲストの更衣室と新郎新婦様専用のブライズルームも併設されています。

20px

20px

 “1日1組限定完全貸切ならではの進め方”

20px

平日はお客様への連絡やメールの確認、発注業務やお打ち合わせの事務処理などを対応しています。土日は施行に入るか、打ち合わせ、または新規のご案内をしています。

ワンバンケットですので結婚式が入っている日はご見学をお断りしなければならず、もどかしさを感じますが、披露宴が終わった後か別日でご案内をしています。結婚式が入っている日にどうしても見学したいと希望されましたら、時間変更を促して遅いお時間でもよければその日に来ていただいたり、なるべく近いお日にちでご案内したりします。限られた条件の中でいかに成約まで繋げていくかがポイントとなります。

20px

20px

また、近隣にある「横浜マリンタワーウェディング(以下、マリンタワー)」と相互送も行なっています。少人数でご希望のお客様を紹介してもらったり、逆に、人数に制限がある当館で40名様以上での結婚式を希望されているお客様には「マリンタワー」をご案内したりしています。

20px

“山手十番館が選ばれる理由”

20px

洋館のアンティークな雰囲気を好んで選ばれる方、新郎新婦様があまり目立ちたくないという理由で少人数を希望される場合もあります。会社関係の方々を大勢招いて盛大に行うのではなくシンプルにしたいから少人数がいいという方もいらっしゃいます。館の築年数にちなみ、ご新婦様の50回の誕生日に挙げたいという方もいらっしゃいました。

全体的に年齢層が高い傾向はあります。年齢的に豪奢な会場や可愛らしい会場は気が引けるという理由で選ばれる方も多いですね。「娘がいたら同い年くらいね」、「お母さんの結婚式を手伝っているみたいよね」と新婦様に言われる時もあります。

年齢の高いお客様の対応が苦手で成約が取れない時期がありましたが、内容ではなく話し方や声のトーンに気をつけるようにしたら次第に信頼関係が築けてきて成約を得られるようになりました。若いプランナーで不安に思われてしまうこともありますが、立ち振る舞いに気をつけて落ち着いた対応をすることをいつも心掛けています。

20px

20px

“プランナーとして辛かった時期”

20px

1年半前までは「マリンタワー」のプランナーとして勤務していました。入社して2年が経った頃、2年目になればできて当たり前のこと、いわゆる「報連相(=報告・連絡・相談)」が苦手なところがあり、先輩からはお叱りを受ける日々。接客も思うようにできず、制約も得られないという負のスパイラルに陥りました。40px

ちょうどその時期に、「Heritage Bridal Collection(ヘリテイジ ブライダル コレクション)*1」で十数年ぶりに復活することになった氷川丸*2での挙式をお手伝いする機会をいただきました。

船内挙式を希望されている方を募集したときに、30代のご新婦様から応募メールをいただきました。子どもの頃から氷川丸での結婚式に憧れていたそうですが、自分が結婚する年齢になったときにはもう氷川丸での結婚式を挙げることは出来なくなっていて。自分でも結婚することになると思っていなかったけど、出会った彼とトントン拍子に話が進んでという内容でした。

私たちはこの方の長年の夢を叶えるお手伝いができる立場にいると思ったら、プランナーとして担当してみたいという気持ちが溢れてきました。プランナーは立候補制により選定されることとなりましたが、私はやってみたいという気持ちがありながらも毎日怒られている私が名乗り出て良いのかと迷っていました。しかし、行動しなければ何も始まらないと一念発起。その時上司だった申マネージャーに相談して、了承を得ることができました。

会社としても初めて手掛ける会場でしたのでゼロからのスタート。各方面への確認、上司・先輩への相談が必須の環境になり、必然的に「報連相」をしなければならない機会が増えてきました。「報連相」は畏まったり時間を作ってもらったりしてやるものではなく、自分が思うタイミングで気軽に話しかけても良いんだと思えるようになってからは、仕事の進め方が楽になりました。そこからはますます仕事楽しいと感じるようになり、物事を前向きに捉えられるようになりました。今思えば、そこが転機だったと思います。

20px

20px

“プランナーとして山手十番館を提案する魅力や楽しさ”

20px

「山手十番館」がお客様から支持を受けているのは、建物の雰囲気とレストランのお料理です。

「マリンタワー」で担当していたのは80人〜100人規模の結婚式がほとんどでしたので、「山手十番館」に異動した当初は正直物足りなさを感じていました。

また、「マリンタワー」では婚礼時のサービスの一部を外部企業と連携してつくり上げるのでスケールも大きいですが、「山手十番館」はスタッフが奔走しながら一丸となってつくり上げていくスタイル。当初は、そのギャップに戸惑い、「マリンタワー」の環境を羨ましいと思う気持ちもありましたが、「山手十番館」の結婚式を手がけていくうちにアットホームな結婚式の良さに気がつくことができ、「マリンタワー」に引けを取らない素敵な会場だと思えるようになったんです。そんな率直な思いや気持ちを自分の言葉で話せば、お客様にも伝わるのだと身に沁みました。

20px

20px

通常は一番遠い席にいる親御様ですが、「山手十番館」の披露宴では新郎新婦様の目の前に配置することもあります。会社関係の参列者もなく、「マリンタワー」のような大きい会場ではないからこそ、日本の結婚式に対する常識を崩しても許されるので、フレキシブルな対応ができるのはすごく良いところだと思います。

20px

“今後の目標”

20px

自分自身のスキルを高めながら、今年入社した新卒社員の指導に当たっています。一人前のプランナーに育てることが一番の目標です。プランナーという立場から二人三脚で「山手十番館」を盛り上げられたらいいなと思っています。

「山手十番館」で結婚式ができるということがまだまだ認知不足と感じています。さらに周知をしていきたいです。年齢を理由に結婚式を諦めている方などにもお手伝いができたらいいなと思っています。

プライベートでは健康維持のために体を動かす趣味を持ちたいと思っています。ゼットンはスポーツ好きが多い社風。私は運動嫌いですが、周りのスタッフも始めているので、ブームに乗ってヨガやジョギングを始めてみたいです。今まで苦手だからという理由で避けてきたことに踏み出せたら、接客中の会話の引き出しが増えるのかなと思っていますが、なかなか…(笑)。

20px

20px

ウェディング施設として毎週末に婚礼が入っていることはありがたいことですが、「山手十番館」はガイドブックにも掲載されている観光地としての顔もありますので、カフェやレストランを目当てに来店されるお客様もいらっしゃいます。婚礼と重なってしまった場合、利用できずに落胆して帰られてしまうことも。ビジネスとしてはレストランとしても打ち出さなければならないですので、その点にすごく葛藤します。正解が難しいですが、ウェディング施設とレストランの調和が今後の課題だと思っています。

20px

“これからもウェディングプランナーとして”

20px

ゼットン社員が年に一度、一堂に集まる全社員ミーティングは私にとって貴重な機会になっています。普段なかなか会えない「Heritage Bridal Collection」メンバーと顔を合わせて情報交換をしたり、鈴木社長からは「最近どう?」と声をかけていただいて、「今すごく楽しいです」とお伝えすることができたり。

鈴木社長は新卒社員として入社した頃から、成約が取れず苦悩していた時期のことも「山手十番館」に異動してからの成績のこともご存知だと思いますし、何かしらの形で私の仕事ぶりを見てくださっているんだろうなと思っています。鈴木社長の期待に応えるためにも「山手十番館」で頑張りたいと思います。

20px

20px

山手十番館ウエディング ハウス&ガーデン

〈住所〉
神奈川県横浜市中区山手町247
〈アクセス〉
みなとみらい線 元町・中華街駅 6番出口徒歩6分
JR根岸線 石川町駅 南口徒歩13分
〈営業時間〉
11:30〜15:00(L.O.14:00)、17:00〜21:00(L.O.20:00)
〈定休日〉
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
〈電話番号〉
045-621-4466

公式URL
http://www.heritage.jp/yamate-jyubankan/

40px


*1 国内外の「Heritage(文化的な遺産、継承物)」で行う結婚式をプロデュースする株式会社ゼットンのブライダルブランドの総称。http://www.heritage.jp/
*2 日本の大型貨客船。戦時中唯一沈没を免れる。アールデコ様式の内装、チャーリーチャップリンが乗船したことでも有名。運航終了後は横浜市の山下公園前(横浜港)に係留。2016年に重要文化財に指定。

20px

〈Wedding Planner シリーズ〉

大好きなハワイ。そして、念願のウェディングプランナーになった今。【Weddin Planner -vol.1-】