All posts >  Wedding >  

【葛西臨海公園ウエディング Denim-デニム-】「既成概念をぶち破れ!!ブライダルの新たなカタチへの挑戦」ゼットン代表 鈴木伸典

20px

先日、2017年に行った株式会社ゼットン 鈴木伸典社長のインタビュー記事を公開した。ゼットンが展開するブライダルブランド「Heritage Bridal Collection(ヘリテイジ ブライダル コレクション)」。スタートから14年間の歩みを振り返ってもらっている。

 

〈関連記事〉
【インタビュー2017公開】「Heritage Bridal Collection 〜そこにあり続けるために〜」 ゼットン代表 鈴木伸典

 

あれから1年半の間、名古屋テレビ塔「ザ・パークバンケット」の終了、「横浜マリンタワーウェディング *1」の休業を経て、2019年4月16日、都内最大級の都市公園・葛西臨海公園内に、開放的で自由なナチュラルウエディングを実現する「葛西臨海公園ウエディング Denim-デニム-」をオープン。ブライダルビジネス の既成概念を打ち破る「パークウエディング」という新しいスタイルの提案に挑戦している。

絶えず進化をし続ける「Heritage Bridal Collection」について、鈴木伸典社長に話を聞いた。

20px

20px

ブライダル業界もモノからコト消費へ

20px

「少子高齢化」や「ナシ婚*2」「晩婚化」などによって、ブライダル業界は厳しい環境が続いていますが、その時代のトレンドスタイルに左右されず、結婚式本来の意味や価値をお客様ご自身も冷静に考え見極める、そんな時代に突入しているなと感じています。

特に最近は、「モノ」から「コト」という観点で結婚式のスタイルをチョイスするようになってきています。いまの結婚式のスタイルは、その人のライフスタイルに紐づいているので、その人自身の思考が結婚式により反映されていく。そのような変化の兆しを感じています。

「コト」消費の観点からお客様の好みにそってどう提案していくか、僕らにとってもより重要になってきていると思っています。

20px

経年変化に注目される今の時代だからこそ

20px

「葛西臨海公園ウエディング Denim-デニム-」は、まさに「コト」消費の世界観、ライフスタイルに紐付いた結婚式のスタイルを実現できるブライダルブランド。

今の時代は、経年変化するものに対してすごく注目されている。洋服にしても、靴や革ジャン、時計ひとつとってもそうだし、人々が身につけるあらゆるものに対して、新品を購入し使い古して捨てるというのではなく、自分が本当に愛するもの、興味を持つべきものをチョイスして、それをいかに長く、変化を楽しみながら使用していくか。

「デニム」は経年変化していくじゃないですか。それは夫婦にも求められること。経年劣化じゃなく、経年変化なんです。

近頃は、バウ・リニューアルという夫婦が再び愛を誓い合うセレモニーも話題になっていますが、「葛西臨海公園ウエディング Denim-デニム-」では結婚式にとどまらず、結婚10周年記念や家族の節目、銀婚式など次のイベントにも広がってくれればいいですよね。

「Heritage Bridal Collection」のコンセプトでもある“失くならない場所”。これから僕らが提案していく公園での結婚式というものには、この意味がすごく重要になってくる。いまこのタイミングだからこそ、しっかりと世の中に発信しなくてはいけないと思います。

20px

葛西臨海公園で東京湾を見渡すことができる展望広場レストハウス「クリスタルビュー」は1995年7月に竣工。設計は相手と競うコンペを好まず、メディアへの露出も少ない作品第一主義の谷口吉生。

20px

「Denim」という名に込めた想い

20px

「Heritage Bridal Collection」のひとつである「山手十番館」。そこに併設された庭園での挙式・セレモニーは、お客様からとても好評をいただいています。それは、世の中の人々の結婚式のニーズに対する変化の象徴される動きだと感じています。

山手十番館の庭園には強烈な何かがあるというわけではないですが、人がイメージする横浜山手の洋館というのが凝縮されている。そのもの自体を求めてくることはあれど、ビンテージ感やノスタルジックな雰囲気の趣味趣向を持つ人にすごく刺さるようなブランディングができたからというのも理由のひとつだと思います。

その成功事例を参考に、葛西臨海公園ウエディングでもコンセプチュアルなブランディングができれば、受け入れられるのではないかと考えています。

デニムのように心地よく自由な魅力を持つ「カジュアル」で「元気」な「肩肘張らない」リラックスした雰囲気のウエディングを創りたい。「Denim(デニム)」というブランド名には、そんな想いを込めています。

コンセプチュアルにし過ぎると、入り口を狭めてしまうリスクはあるかもしれないなと思いながらも、そこにあるウエディングのイメージが一言で伝わることに対して、まずは賭けようかなという思いもあって、「Denim」と命名しコンセプトメイクしました。

20px

僕らが形にしたかった結婚式のカタチがそこにある

20px

僕らは今までにも、名古屋の久屋大通公園や横浜の山下公園などでパークウエディングを手掛けてきましたが、思い描くように定着せず苦慮してきました。

久屋大通公園よりは、名古屋テレビ塔での挙式、展望階での挙式が選ばれる。山下公園よりは、横浜マリンタワーの展望階でのウェディングセレモニーが選ばれる。それはそれで魅力的なんですが、地元の人たちが自分たちのロケーションを楽しむという側面で、公園での挙式をプロデュースしたかったという思いが拭えませんでした。

今回この葛西臨海公園でのパークウエディングというのは、僕たちが今までやりたかったウエディングの形でもあるというのが重要なポイントだと思います。

葛西臨海公園で一番重視しているのは、いかにロケーションを上手く活かすか。セレモニー会場の一番の売りは、青い空と緑のロケーションです。やはり海風の影響は懸念材料としてありますが、そういった自然現象もパークウエディングの魅力のひとつだと前向きに捉えて提案していきたいと考えています。

20px

電気自動車を改造してつくったという遊び心の詰まったブライズルーム。「可愛らしく装飾されたカートに乗って新郎新婦が登場するという演出も構想中」と今後の展開に胸を躍らせながら語ってくれた。

20px

悪天候に見舞われてしまった場合でも、展望レストハウス・クリスタルビューの中にある「CRYSTAL CAFE(クリスタル カフェ)*3」でセレモニーを行えるようにしていますが、日よけや雨よけ機能を兼ね備えた、ウエディングに相応しいおしゃれなテントをテント屋さんとコラボレーションしてカスタムしようという話も公園協会と協議しながら進めています。

また、ホテルの宴会場や会議室で会議を行った後に、ロケーションの良い場所に移動して軽いブレインストーミングを行いたいというニーズもあると聞いています。ビーチサイドやガーデンなどロケーションやレイアウトをカスタムオーダーできる「カスタム会議」と打ち出して、会議や研修などの企業誘致も検討しているところです。

葛西臨海公園が東京オリンピックのカヌー、スラロームの会場というのも僕らにとっては追い風。東京都が掲げるSDGs(エスディージーズ)を僕らが葛西臨海公園で掲げることは、東京都自体にとっても良いプレゼンの場になると考えます。

20px

ブレない経営理念

20px

このプロジェクトは、僕らが何のためにお客様にサービスを提供しているのかということと向き合えるというか、店づくりを通じて街づくりをしているんだということを実感できる仕事です。

今までのエッセンスを凝縮して、経営理念「店づくりは人づくり、店づくりは街づくり」をストレートに事業として成立させていく良いチャンスだと捉えています。

また、将来に向けての企業体質をさらに強化することを目的に、2023年2月期を最終年度とする中期経営計画(4か年)「zetton VISION 19to23」を策定しました。「ES経営」「いい店づくり」「展開力」を経営骨子と定め、保持する各種コンテンツをさらに磨き上げるとともに、現代社会の企業に求められる「サステナブルの概念」に基づく取り組みに対して、コミットする経営を進めるというものです。

魅力あるコンテンツが「街」をつくる、という思想とサステナビリティ経営戦略。葛西臨海公園再開発事業を起点に、社会を取り巻く環境問題にも積極的に取り組み、企業価値の向上および地域社会の発展に貢献すべく邁進していきます。

20px

鈴木 伸典(Shinsuke Suzuki)
株式会社ゼットン  代表取締役社長

20px

葛西臨海公園ウエディング Denim-デニム-

〈住所〉
東京都江戸川区臨海町6丁目2 葛西臨海公園内

〈電話番号〉
050-1709-1588

公式URL
https://kasairinkaipark-denim.official-wedding.jp

・Instagram:@kasairinkaipark_wedding

【葛西臨海公園 概要】
住所:江戸川区臨海町6丁目2
交通案内:JR京葉線「葛西臨海公園駅」から 徒歩1分/東京メトロ東西線「西葛西駅」・「葛西駅」から都バス「葛西臨海公園」行き 約20分/「お台場海浜公園」から東京水辺ライン 約50分/駐車場有り(有料)
入園料:無料
問い合わせ先:公益財団法人東京都公園協会営業課 03-3232-3138
HP:公園へ行こう!葛西臨海公園
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html

20px


*1 横浜マリンタワーは2019年4月から2022年3月までの3年間、横浜市による改修工事のため全館一時休館(http://www.heritage.jp/marinetower/
*2 結婚式や披露宴を挙げずに入籍だけすること
*3 葛西臨海公園の象徴的な建物であるクリスタルビューの中に、海辺で楽しめるカフェ&BBQをコンセプトにした店舗

20px

〈関連記事〉

【インタビュー2017公開】「Heritage Bridal Collection 〜そこにあり続けるために〜」 ゼットン代表 鈴木伸典
● 
「山手十番館」異国文化を受け入れてきた横浜のように、多様化するニーズに応えていく。【Wedding Planner -vol.2-】